高齢者の服薬は危険が多い|慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法
医者

高齢者の服薬は危険が多い

聴診器

薬を服薬する機会が常にある人は世の中に多く存在していますが、中でも高齢者にとっては薬を服薬することが日常茶飯事であると言えるでしょう。薬を服薬する機会が多い高齢者には、薬を服用する際に気をつけるべきことがあります。高齢者は脱水を起こしやすく、身体の中の水分保有量がとても少なくなってきます。そういったことから水分を摂取することで浮腫が出てきたり、水分の摂取が少量になることで尿量が減少するので身体にたまっている老廃物を上手く外に出すことが出来ないのです。水分の摂取に関してもこれだけ多くの注意が必要になってくる高齢者は、薬の服薬を行っていく際はさらに注意が必要になってくると言えます。高齢者は肝臓や腎臓の機能が低下していると言えるので薬の成分の代謝や排泄が上手く出来ず、薬の効果が強く出過ぎたり、薬の成分が体内に長い期間貯留してしまったりすることで、予想することができない副作用が起きることもあるのです。また高齢者は様々な疾患を抱えていることも少なくありません。その為服薬が内科だけでなく様々な診療科ごとに薬を飲む必要があるため、薬の飲み合わせに関しても注意が必要になってきます。薬は飲み合わせによっては予期せぬ相互作用を引き起こしてしまう危険性もあるのです。高齢者は一人一人身体の生理機能にばらつきがあるので、薬の効き方もそれぞれであり不明な症状が現れた場合には自己判断で薬を服用せずにすぐに医師に相談するようにしましょう。