小さな子供の服薬|慢性疲労症候群を改善しよう|様々な病気の治療方法
医者

小さな子供の服薬

看護師

薬を服薬している人は老若男女に関わらず大勢存在しています。その中でも薬の服薬に関してデリケートになる必要が多くあるのは小さな子どもや赤ちゃんでしょう。身体が強い大人と違って、小さな子供や赤ちゃんはまだまだ身体がしっかりと発達していないので薬の服薬に対しても注意が必要になってくるのです。
幼稚園児などの小さな子どもに少し大きめな錠剤を飲ませるには無理が掛かることが多いので、上手く飲み込むことが出来ないことが多いでしょう。こういった場合にはカプセルタイプのものや錠剤の薬ではなく、ちゃんと子どもでも安心して服薬できるように作られた物を使用して上げるようにしましょう。液状のシロップ剤やドライシロップ剤など、子供が服薬しやすいように様々に工夫がされた薬が販売されてます。シロップ剤はお湯などに溶かして、スプーンで少しずつ飲ませてあげるようにしましょう。この時に口の中に薬が残らないように注意していく必要があります。そのためには最後に水や湯さましを飲ませてあげるようにすると良いでしょう。
より気をつけなければならないのが赤ちゃんに薬を飲ませる時です。赤ちゃんに薬を飲ませる際に効率が良いからとミルクと一緒にまぜて飲ませようと考える人は多いですが、実際は非常に良くない行為なのです。ミルクの成分によって薬の効果がなくなってしまうばかりか、ミルク自体の味も変化してしまうため赤ちゃんがミルク嫌いになってしまうことにもなりかねません。ミルクと薬を混ぜるといったことにはメリットは何一つなく、デメリットだけなので行わないようにしましょう。