先生

服薬のタイミングが重要

病院

健やかな身体の健康をたもっていくためには薬の服薬は必要不可欠なものになっているのです。それぞれの薬にあったタイミングを見極めて適切な薬の服薬を行っていきましょう。

この記事を読む

小さな子供の服薬

看護師

老若男女に関わらず薬を服薬することは日常生活を過ごしていくなかで当然のように行われているものです。その中でも小さな子どもの薬の服用はデリケートなものであり、気を使わなければならないポイントが多く存在していることを知りましょう。

この記事を読む

ダメージが大きい

ドクター

病院で検査を受けに行った時にはかなりがんが進行しているという人も多い為、早期で対応する為にもできるだけ事前に知識を身につけておくことが大切です。すい臓がんが発見しにくいと言われる大きな理由としては、がんの症状が出にくいという部分です。すい蔵は身体の中でもかなり小さな臓器なので、自覚症状が無いまま進行していくケースがほとんどです。

一度かかると厄介なすい臓がんですが、更に厄介なのが血管やリンパ管が近くに入り組んでいる為、浸潤や遠隔転移が可能という点です。腎臓や肝臓などでがんを発見した際に、すい臓がんが発端だったというケースも少なくありません。それほど発見が難しいすい臓がんは、腫瘍の大きさが小さくても、その影響大きく、生存率が5年という場合もあります。すい臓がんを早期で発見した時の治療方法や生活習慣の改善方法を理解するのと同時に、転移しやすい場所を理解しておくことで、転移を予防することも可能です。日本人でも多い胃がんや肝臓がんなどに比べると、すい臓がんにかかる人は少ないと言われていますが、身体に対するダメージは最も大きいがんなので、病気について認識しておくことが大切です。

内科や外科で治療が行なえるのはすい臓がんなどの大きな病だけではなく、慢性疲労症候群などの治療も行なってもらうことが可能です。慢性疲労症候群とは疲労感が半年など常に続いている状態になります。休んでもなかなか回復せず、精神的にもダメージを与えてしまうでしょう。また、慢性疲労症候群はストレスだけではなく免疫力の低下なども原因と言われているので、慢性疲労症候群の疑いがある人は早めに医療機関を受診すると良いです。

高齢者の服薬は危険が多い

聴診器

服薬を行なうという場合は、様々な注意点を把握しておくことが大切です。医師によって用法用量について説明をしてもらえるため、それに従っておいた方が安心といえるでしょう。

この記事を読む